革のなめしとお手入れ方法

革のなめしには主に、植物性タンニンなめしとクロームなめしの二つの方法があります。

植物性タンニンなめし

  • 植物の草木や種(代表的にはアカシアや栗、ドングリ等)に含まれるタンニン(渋)でなめす
    伝統的なめしで、革の硬いタイプが主流ですが、揉んでやわらかくしたタイプもあります。
  • 革本来の風合いを感じることが出来、天然のタンニン(渋)だけでなめすため、使用後は土に
    帰り、環境にもやさしいなめし方法ともいえます。
  • ただし、色が退色(変化)しやすく(革の色の変化を楽しめるとも言えます。)、湿気や水分等に弱く、
    デリケートな面もあります。

クロームなめし

  • 金属化合物を使用してなめす方法で、変色しにくく、発色がよいとされています。
  • 革自体の弾力性があり、さまざまなデザインに対応できるため、多機能的に使用されます。

HOMEへ
日常のお手入れ方法

  • 使用した後は必ず、柔らかい布等で、ほこりを取るように軽く拭いて下さい。
  • 同じバッグを連続して使わないで、休息を与えて下さい。
  • 半年に一回程度は、なめしの種類専用のクリーナーで汚れを落とし、保革クリームやオイル等で栄養分を補充して下さい。(クリーナーやクリーム等を使用するときは必ず目立たない場所ためし塗りをして色落ち等の支障がないか、確認をしてからご使用下さい。)
  • 普段でも3ヶ月に一度程度、特に梅雨や秋雨等の雨の季節や、天気の心配な日のお出かけ前には
    防水スプレーをかけて下さい。(スプレーはバッグから30cm程度離して、数度の分けてスプレーした後、必ず陰干しして下さい。
  • 雨にぬれてしまった時は、素早くやわらかい布で軽く叩くようにして水分をとり、バッグの形を整えるように、紙などをつめて、陰干しをして下さい。(アイロンやドライヤーなどを使って乾かすと革の変形や色の変色を起こしやすいので使用しないで下さい。
  • 表面の浅いよごれ等は白いきれいな消しゴムで軽くこすると、取れる場合があります。


HOMEへ
保管の方法

  • 長期の保管前には、保革クリーム等でお手入れをした後、防水スプレーを数回かけて陰干しをして下さい。
  • 形がくずれなように紙等で詰め物をして、通気性のあるやわらかい布で包み、日が当たらず湿気の
    少ない場所に保管して下さい。(ビニール等、通気性の良くない素材のものは使用しないで下さい。)
  • 保管の場所に乾燥剤やホルマリンを置いて、バッグに触れてしまうと、変色や変質の原因になることが
    ありますにで、使用しないで下さい。